Event is FINISHED

【満員御礼】第2回《ふるさと応援会議》 世界一薄い和紙「ひだか和紙」の新商品アイデア会議、挑戦者求む!

Description

オレンジ・ブレイナリーでは、首都圏在住プランナーやクリエイターのアイデアを各地域に届ける《ふるさと応援会議》をシリーズで開催しています。
第2回目は、高知県日高村の「ひだか和紙」をテーマに、和紙屋が思いつかない‟とびっきり面白いアイデア“を募集!

世界一薄い和紙「ひだか和紙」の新商品アイデア会議を行います。



●イベント名:第2回《ふるさと応援会議》世界一薄い和紙「ひだか和紙」の新商品アイデア会議
●日時:2018年3月22日(木)19:30~21:30
●定員:15名
●会費:無料 ※懇親会では、日高村の産品でおもてなしさせていただく予定です。
●申込:Peatixにて


《ふるさと応援会議》は「地域にアイデアのエールを贈る」をコンセプトに、首都圏在住のプランナーやクリエイターから地域産品・産物の活用アイデアを募集し、各地域の魅力発信と活性化を目的とするものです。

昨年2017年10月30日に「高知県日高村が誇る“世界一薄い紙”『ひだか和紙』の活用アイデアを考える」ふるさと応援会議第1回を開催しました。会議では、‟アイデアのふるさと納税”をコンセプトに、参加していただいた総勢40名の首都圏在住クリエイターの方々から様々な商品アイデアやプロモーションアイデアをいただきました。ご参加いただいた方々、本当に有難うございました。

その後、首都圏在住のクリエイターの方々との熱い会議で刺激を受けたひだか和紙・鎮西社長から、『前回みなさんから頂いたアイデアももちろん参考になったのですが、もっとぶっ飛んだアイデアが欲しい。実現性なんて無視してOKです。和紙屋が思いつかない、見たことも聞いたことも無い和紙の商品アイデアを募集したい!』と熱いご相談をいただき、第2回ふるさと応援会議のテーマとして、再度『ひだか和紙』をテーマに会議を開催することになりました。

これまで和紙屋が思いつかなかった、和紙の商品アイデアを募集します。
今回は、実現可能性は問いません。とびっきり面白いアイデアをお待ちしています。
あなたのアイデアが、人口5,000人の小さな村の和紙屋を救うかもしれません。
アイデアが採用された方には、「高知県日高村 ひだか和紙工場見学・現地視察ツアー2名1組」をプレゼントいたします。アイデア発案者として、ぜひ実際にひだか和紙工場まで足をお運びいただき、商品開発に関する作戦会議を開催していただければと思います。


●当日の持参物
ひだか和紙の商品アイデア

※参加者の方には、「ひだか和紙」をしっかり知っていただくために、事前にひだか和紙に関するオリエンテーションとひだか和紙のサンプルをお渡しします。

※会議当日は、商品アイデアのラフスケッチをお持ちください。(もちろん、プロトタイプの制作も大歓迎です!)

●備考
会議当日どうしても出席できないがアイデアだけ応募したいという熱い方も大歓迎です。その場合は、手紙や動画メッセージ、TV電話等でのご参加も可能です。

●審査方法
新商品アイデア会議の最後に、ひだか和紙・鎮西社長より採用アイデアを発表させていただきます。


****参考情報****

①日高村とは?

県都高知市より16kmの距離にありながら、水質日本一に輝き、仁淀ブルーと称される「奇跡の清流仁淀川」では、屋形船の就航も始まり、自然探索のフットパスとともに日高村の豊かな自然を活かした観光にも力を入れています。

特産品には、高糖度トマトのブランドとして、「シュガートマト」の生産が盛んに行われており、11月~1月頃まで、出荷されています。また、中四国最大級の茶園を有する霧山茶業組合では、上煎茶から番茶まで、生産しており、特に「炙り茶」として認定されているほうじ茶は、県内の多く店舗でのスイーツの原料として使用されています。

詳しくはコチラ→ https://www.vill.hidaka.kochi.jp

②ひだか和紙とは?

日高村にある「ひだか和紙」(高岡郡日高村)が製造する「土佐典具帳紙」が「世界で最も薄い紙」として注目を集めています。
1平方メートルの重さ約1.6グラム、厚さ0.02ミリの極薄の同紙。別名「カゲロウの羽」といわれ、手のひらにのせると「手相」がはっきり見えるほど。国内では「浅草寺宝蔵門の吽形(うんぎょう)像」「東京国立博物館アイヌの盆表面」、国外は「大英博物館」「ルーブル美術館」などの絵画、古文書、仏像の修復に使われてきました。
1949年創業。創業当時は一枚ずつ手漉きで作業を行ってきました。極限までの「薄さ」の追求や、「ロール状のタイプがほしい」といった客のニーズに応え機械漉きの技術を導入。薄い紙を作る手漉き技術を完璧に実現できるよう技術開発を続け、オリジナルの抄紙機(しょうしき)を完成させました。紙を漉くまでの下準備は手漉き時代とほぼ同じで、ストイックなまでの水洗い処理、ちりとり作業、「塩素・蛍光塗料などを使わない紙作り」にこだわりを持っています。
高知県日高村には、「仁淀ブルー」とも称される清く澄んだ仁淀川が流れ、良質の和紙を生み出してきました。水とともに和紙の原料となる楮(こうぞ)も、高知は日本有数の楮の産地。特に土佐の楮は繊維が太く長く、丈夫な紙を作りやすいといわれています。

詳しくはコチラ→ http://www.hidakawashi.com

<既存製品のラインナップ>
神社・仏閣のお守り、掛け軸、御札用原紙、ラッピング和紙、インテリア・エクステリア照明器具用原紙、ちぎり絵用原紙、印刷用原紙、文化財保存修復用和紙

③ひだか和紙有限会社 社長・鎮西寛旨さんよりメッセージ

皆さん初めまして、ひだか和紙の鎮西です。今回は、和紙屋には思いつかない、固定概念にとらわれない、見たことも聞いたことも無いひだか和紙の利用方法・アイデアを求めています。
そもそもなぜ世界一薄い和紙をつくったのかと言いますと、約10年前、文化財保存修復業界から薄い紙を求められ、当初は既存の製品で対応していましたが、「もっと薄い和紙を製造して欲しい。」という依頼があり製造致しました。当時、ドイツの手漉き和紙で2.0g/㎡の和紙が存在していましたので、1.6g/㎡を製造し、世界一薄い和紙が生まれました。
この「ひだか和紙」が、100年後、1,000年後、世界中の文化財の情報ハブとして機能していて欲しいと強く願っています。皆さん、田舎の小さな世界一にお力を貸してください。

④日高村名物職員・安岡周総さん(高知県日高村役場総務課 村づくり推進室)よりメッセージ

日高村には、色々な一位があります。日本一の水質を誇る清流仁淀川が流れておりますし、芋ケンピのシェア日本一ですし、日本一の評価をいただいたシュガートマトもあります。
その中で、「世界一」は薄さ0.02mmのひだか和紙だけです。ルーブル美術館をはじめ多くの文化的価値の高い美術品や伝統品を後世に残すことに役立っており、日高村と世界を繋ぐ、価値の高い誇らしいものです。
ひだか和紙を始めとして、日高村は、様々な課題にチャレンジしていきます。
今回は、村の世界一を多くの人に知ってもらい、活用してもらうためにひだか和紙と協力して活動しています。情報やセンス、技術の先進圏からでるアイデアに期待しています。


***********

「ふるさと応援会議」は「地域にアイデアのエールを贈る」をコンセプトに、首都圏在住のプランナーやクリエイターから地域産品・産物の活用アイデアを募集し、各地域の魅力発信と活性化を目的とするものです。

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するソフトバンクグループの株式会社さとふる(代表取締役社長:藤井 宏明)と、地域や企業のブランドプロデュースなどを手掛ける株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(代表取締役社長:小山 薫堂)が開催しています。


●株式会社さとふるについて

株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まるふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを運営しています。また、自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。詳細はこちら(https://www.satofull.jp/)をご覧ください。

●株式会社オレンジ・アンド・パートナーズについて

株式会社オレンジ・アンド・パートナーズは、ブランド、施設、地域など、あらゆるジャンルにおいて、「SURPRISE & HAPPINESS」をテーマにアイデアを生み出し続けています。自社グループで料亭やレストラン経営も手掛け、リアルな「場所」から新しい価値を発信します。 詳細はこちら(http://www.orange-p.co.jp)をご覧ください。


SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

Updates
  • タイトル は 【満員御礼】第2回《ふるさと応援会議》 世界一薄い和紙「ひだか和紙」の新商品アイデア会議、挑戦者求む! に変更されました。 Orig#322985 2018-03-12 02:50:17
More updates
Thu Mar 22, 2018
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
ORANGE BRAINERY
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
東京都港区麻布台1-11-10 Japan
Organizer
ORANGE BRAINERY
957 Followers